詩疲労

までのところ密閉された光のように目には距離距離ちらつく

疲れてあなたはそう暗い処女軟骨夜に閉じしたくない

頭の悪いやつ一人で夢を見て静かなに来るまで、暗闇に飛んで移動を余儀なくされているものです。

永遠の何もない常にリサイクルされる私の夢固まっている溶け溶け始め繰り返し凍結

良い長い間孤独な聞くことではないと述べたは、ますますから絶縁されています

おやすみ状態震え停止しなかった夜風氏は、

私は眠りに落ちることしたくない就寝時の物語のような悪夢を持っているに私を開発する言った

応じて適切な分散言ったしかしは、シャットダウンする必要はありません

軟骨ので、暗い処女

Comments

Popular posts from this blog

ハングナディム市

海峡本州、九州

山口唐戸